読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このまま続けて大丈夫かな

ずーっと繰り返してる。

 

ずーっと同じことを繰り返してる。

 

なんか成長してんのかな。おれ。

 

なんかこのまま人生が終わっていく気がして。

 

活躍してる人を見ると、焦る。

 

焦っても仕方がないけど、焦る。

 

なんでだろう。なんでだろう。

 

やることを整理すれば良いのに。

 

なかなか腰が上がらなくて。

 

そんな自分を責めそうになるけど。

 

もっとパーっと行動したい。

 

考えずパーっと。

 

走り抜けたい。気持ちよく。

 

疲れた。さすがに。疲れた。

 

もう嫌だ。

 

どうすれば良いんだろ。

 

こんな時。

 

はぁー。

 

 

思いをアウトプット

学びが多ければ多いほど、

 

言いたい事は増えてくる。

 

あらもこれもそれも、

 

自分はこう思う、こう考える、こう感じる。

 

それら、思う、考える、感じるが、

 

どんどん心に溜まっていくと、

 

言葉にしなかった分、

 

自分のどこかに噴き出してくる。

 

それが、ストレス。

 

そのストレスを発散する為に、

 

運動したり、お酒を飲んだり、遊んだり。

 

これらは良い発散の仕方で、

 

愚痴ったり、食べすぎたり、物を壊したり。

 

これだと、ちょっと問題かな。

 

だから根本解決は、溜まる前に出す事。

 

溜まってから出すのではなく、

 

溜まる前に、いやむしろ、出しまくる事。

 

これくらいで十分。

 

で、出すことが苦手な人って、

 

不思議と共通するところがあって、

 

その共通点は、

 

人の事を気にしすぎてる。これ。

 

こんなこと言ったら…

 

こんなことやったら…

 

こんな自分になったら…

 

うぅ…

 

ってなって、結局

 

言わない、やらない、何もしない。

 

だから、溜まる、腐る、病にかかる。

 

でもみんなわかってる。

 

人を気にしすぎな自分は

 

わかってる。

 

そんな自分を変えなきゃいけないと、

 

わかってる。

 

でも出来ないから苦しむ。

 

よし!人なんて気にするか!

 

って一念発起しても

 

元の自分に戻って

 

また自己嫌悪。

 

その繰り返しで、今に至る。

 

って、まあこれ完全に僕のことなんですが、

 

僕はようやく気づけました。

 

何が違ってたのか?

 

何が問題なのか?

 

やっとやっと、気づけました。

 

その問題とは…

 

自己否定。これね。

 

もうこれ。これ意外にないくらい。

 

要は僕の問題点は、

 

自己否定から始まる成長論。

 

自己否定から始まる自己変革論。

 

もう、根本が、出発点が、スタートラインが、

 

じぇじぇん違ってた。

 

よーいドン!で、真逆に全力疾走。

 

そりゃ周りが楽に見えるわ。

 

そりゃ走れば走るほど不安になるわ。

 

そりゃ走るの辛いわ。

 

完全にアホだよね。うん。

 

だから………もうやめた。

 

否定なんかしねぇ。

 

否定を否定。なんかややこしいけど。笑

 

でも否定とかマジオサラバ。

 

さいなら。バイバイ

 

この自分が良いのです。

 

この自分が好きなんです。

 

この人の目を気にしてる自分こそ

 

自分なんです、俺なんです。

 

この繊細な俺が、俺なんです。

 

調子がいいときは笑顔で、

 

調子が悪いときは死んだ顔してる俺が、

 

俺なんです。そう、これが全てなんです。

 

人に迷惑かける俺が、全てです。

 

そんな自分が、

 

そんな自分こそが、

 

俺で、僕で、私で。

 

そんな自分を、俺は、全部

 

許す。認める。完全に。

 

ふぅ。疲れた。笑

 

でも気持ちいいっす。

 

これだけ勝手な事言えたら、

 

スッキリしますぜい。

 

ありがとーう!!

 

書いてると幸せ。

何にも考えず、バーっと言葉を出していく。

 

ただひたすらに。

 

ただただ思いを言葉にしていく。

 

その瞬間は、何のことも考えていない。

 

ただひたすらに言葉にすることに必死な

 

自分しかいない。

 

没頭。没入。我忘。

 

そんな感じ。

 

後から思い返すと、

 

そこには不安も心配もない。

 

そこには自分の時間しかない。

 

ただただ時を忘れる自分が、

 

いる、というか、ある。

 

そんな感じ。

 

ずっとあの時のままの自分でありたい。

 

ずっと時を忘れる状態でいたい。

 

なんて幸せなんだろう。

 

素晴らしいひと時。

 

僕は考えすぎて

 

頭も心もパンクすることが

 

よくあるからこそ、

 

ブログで言葉にするってことが

 

心の支えになっている。

 

だれのためにも書いてない。

 

だれのためにもなっていると思ってない。

 

ただひたすらに、言葉にする。

 

出す。出す。出す。ひたすら、出す。

 

心のデトックス!みたいな

 

そんな女子力は高くないけど、

 

僕から言わしてみれば、

 

心のゴミ出し。そんな感じ。

 

どんどん出そう。

 

どんどん言葉にしよう。

 

自分の為に。自分の為だけに。

 

ありがとう。ありがとう。

休み上手。

僕は休むのが下手だ。

 

どうしても、ガーって、ギューって

 

気張っちゃう。気を張っちゃう。

 

だから僕はすぐ疲れちゃう。

 

尋常じゃないくらいに疲れちゃう。

 

1日中寝てることもあるし

 

不機嫌さを周りにぶちまけることもある。

 

あー最悪だーって思いながらも、

 

笑顔になる気力も残ってないから、

 

僕は不機嫌な自分を許してる。

 

僕は、休むのが下手だ。

 

休むのが上手になりたい。

 

気を抜くのが上手くなりたい。

 

大丈夫大丈夫って人に言える様になりたい。

 

そんな余裕が欲しい。

 

でも、でも、

 

休み上手になろうって頑張ると

 

これまたシンドイ。

 

だから僕は自分を許す。

 

休み下手な自分を許す。

 

また気張っちゃったねって。

 

また頑張っちゃったなって。

 

いいよいいよーって、許す。

 

僕は僕で良いから。

 

僕は僕で素晴らしいから。

 

ひたすら許す。

 

許す。許す。許す。

 

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

 

この自分にありがとう。

 

頑張っちゃう自分にありがとう。

 

ぜーんぶの自分にありがとう。

 

それで良いんだと思う。

 

あなたも許してあげて。

 

あなたはあなたを許してあげて。

 

ありがとう。

 

 

 

急にくる不安

急にざわざわ〜っと不安が押し寄せてくる。

 

心にざわざわと広がる感覚。

 

どうにかして取り除こうとしても、

 

そのざわざわはおさまらない。

 

考えない様にしようとしても

 

ざわざわは襲ってくる。

 

なんでだろう?

 

なんでだろう?

 

別に大したことはないのに。

 

なんでだろう。

 

だから僕は言葉にする。

 

なんでも良いから言葉にする。

 

思ったこと、感じたことを

 

ひたすら言葉にする。

 

やっぱそうすると楽になる。

 

なんだか心がスーッとしてくる。

 

なんとかなるさって

 

思えてくる。

 

そう、なんとかなるんだ。

 

僕たちの人生で起こることは

 

ほとんどの事がなんとかなるんだ。

 

そう、なんとかなる。

 

「まいっか、なんとかなるさ」

 

って生きられると、すごく楽。

 

だから僕は言葉にする。

 

なんとかなるって感じたいから

 

言葉にする。

 

たぶんあのざわざわが押し寄せる時は

 

言いたい事、思ってる事が

 

「外に出して〜!」って

 

言ってる、叫びの様なもの。

 

それは赤ちゃんが生まれてくる時の

 

陣痛の様なもの。

 

陣痛が来たら、出産が近い様に、

 

ざわざわが来たら、言葉にしてあげる。

 

そうすると、心にとどまっていた

 

色んな思いが、一気に溢れてくる。

 

それはそれは、ダムの決壊の様に。

 

気持ちいいよ。

 

スッキリするよ。

 

あなたにもやって欲しい。

 

言葉にしよう。

 

思いを。考えを。痛みを。苦しみを。

 

どんどん言葉にしよう。

 

あなたにも幸福を。笑顔を。

 

ありがとう。

許す。

どうしても僕はできなかったことに目を向ける。

 

今日できたことは沢山あるのに、

 

できなかったことに目を向けちゃう。

 

なんでだろう?

 

なんでだろう?

 

これはきっと、野球部時代から残る、スポ根の名残だと思う。

 

誤解しちゃったんだと思う。

 

「弱音を吐くな!」

 

「誰にも相談するな!」

 

「強い自分であれ!」

 

みたいな歪んだ精神論。

 

根拠はないけど、そこからきている歪みかな。

 

きっと僕と同じような人は沢山いる。

 

できない自分を嘆いては、苦しんでいる人。

 

きっとその人は、成長意欲が高くて

 

きっとその人は、他の人よりも力がある。

 

だけど、人には助けを求められない。

 

助けを求めることは、弱いことだから。

 

助けてもらうことは、ダメなことだから。

 

そうやって教えられたから。

 

そうやって、誤解しちゃったから。

 

僕もその一人だ。

 

過去を振り返ると、

 

あ、あの時のあの人の言葉が

 

今の誤解を生んでいるんだ

 

そう思える場面がいくつも出てくる。

 

その場面を思い出すたびに

 

その人に腹を立てたくなるけど

 

もういいんだ。

 

終わったことだし。

 

別にあの人も悪気があって言ったんじゃないから。

 

どちらかといえば、

 

あの人も苦しんでいるはずなんだ。

 

僕と同じように。

 

だから僕にできることは、

 

ただただ、許す。

 

これだけ。

 

あの時のあの人を。

 

あの時の自分を。

 

今のあの人を。

 

今の自分を。

 

許す。許す。許す。

 

それだけでいいんだ。

 

何もかも誤解だったんだ。

 

そう、誤解だったんだ。

 

僕は、僕を、許す。

やりたい事を、大切に。

頑張らない頑張らない。

 

ぼーっとしてる自分でいいんだ。

 

休んでる自分で良いんだ。

 

何事も順番がある。

 

一つ一つクリアしていけば

 

勝手に次のステージへ行ける。

 

すべき事よりも

 

やりたい事を大切にしよう。